脇毛はリンパ腺や血管を守る為に生えています

女性にとってムダ毛は本当に煩わしいものですよね。

 

脱毛が身だしなみとして考えられるようになった現代では、つるつるすべすべのお肌をめざし脱毛処理を行っている人が大半です。

 

夏場は特に、半袖やキャミソールなど肌を露出するファッションが増えますので、わき毛を煩わしく感じる人が多いでしょう。

 

どれだけオシャレに気を配っていてもムダ毛の処理がきちんとできていなければ見る側としても幻滅してしまいますし、自分もムダ毛ばかりが気になってしまってネガティブな気持ちになってしまいます。

 

わき毛なんて必要ない!と考えている女性が多いことだと思いますが、わき毛にもきちんとした役割があることをご存知ですか?

 

わき毛の主な役割として1つめは“ワキの近くにある血管やリンパ節を守る為”です。

 

ワキの近くにある血管やリンパ腺は体の中でもとても重要な組織です。

 

ですからこれら重要な組織を守るためにわき毛が生えているのです。

 

そして2つめは“摩擦から皮膚を守る為”です。

 

ワキ付近の皮膚はとても薄くデリケートですので少しの刺激でもトラブルをおこしかねません。

 

毎日服を着ていると知らず知らずのうちに摩擦をおこしてしまいますので、炎症やかゆみなど肌トラブルからお肌を守るためにわき毛があるのです。

 

3つめは“フェロモンを出して種を存続させるため”です。

 

実は異性を惹きつけるフェロモンと言うのはワキから分泌されると言われています。

 

これは昔からの言い伝えであり科学的根拠があるわけではありませんので、真実かどうかはわかりませんが、ワキの下にはアポクリン腺という汗を出す線があり、このアポクリン腺からでる匂いをわき毛が発散する役割をしてくれています。

 

このアポクリン腺から出る匂いこそがフェロモンなのです。

 

これらの理由からわき毛はただ単に生えているわけではなく、きちんとした役割があることがよくわかります。

 

ではわき毛を処理してしまったら役割がなくなるのかと言いますと決してそのようなことはありませんので、脱毛を行っても問題ありません。