脱毛する際のジェルは肌ダメージを防ぎ保湿するためのもの

冬場に脱毛サロンに通う場合、嫌なことの1つにジェルが冷たいというのがありますよね。

 

夏場は冷たくてとっても気持ちが良いこのジェルですが、冬場は寒いので冷たいジェルはちょっと避けたいという人も多いのではないでしょうか。

 

どうして脱毛する際にジェルを使用しているのかご存知でしょうか。

 

脱毛施術の際にジェルを使用する理由は、いくつかあります。

 

それは抑毛効果、美肌効果、痛みを軽減させる効果、肌トラブルからお肌を守ってくれる効果があげられます。

 

抑毛効果は、ジェルを塗ることで光を深く浸透させることによって効果的な脱毛になります。

 

またジェルがしっかりお肌を保湿してくれるので、脱毛施術のダメージからお肌を保護してくれるため、美肌効果や痛みを軽減したり、肌トラブルから守るという効果が得られるんです。

 

多くの脱毛サロンではジェルを使用してくれますが、中にはジェルを使用せずに、アイスノンを使用したり、ベッドに冷却装置をつけている脱毛サロンもあります。

 

また、脱毛マシン自体に冷却機能が備わっているため、ジェルを使用する必要がないというものまであります。

 

こういったアイスノンや冷却装置は脱毛前後にクーリングすることで、脱毛施術時の痛みを軽減したり、施術で熱を持った部分をすぐ冷やして肌トラブルを予防しています。

 

ですが、ジェルのような美肌効果はアイスノンや冷却装置では得ることができませんので、美肌効果も期待する場合は、ジェルを使用して施術をするかどうか事前に確認をして見てくださいね。

 

一般的にジェルを使用する脱毛サロンの方が料金は高めです。

 

ジェルを使用しない脱毛サロンに通った場合、料金が安くなるのは良いのですが、クーリングが不十分なまま施術を行ってしまうと、痛みや火傷などのトラブルを起こしてしまう恐れがありますので注意が必要です。

 

お肌のことを考えると、多少脱毛料金は高くなってしまいますが、ジェルを使用して脱毛施術をしてくれる脱毛サロンの方がおすすめですよ。

 

冷たいのは一瞬のことなので、ちょっと我慢してお肌に優しい脱毛をしませんか。