剃刀を使用しての自己処理は黒ずみ・肌荒れの原因になる!

ムダ毛の自己処理にカミソリを使用しているという人は多いですよね。

 

カミソリはドラッグストアやコンビニで簡単に購入することができますし、値段もとっても手頃です。

 

お風呂で体を洗ったついでにササッとムダ毛処理ができるので、愛用者も多いはずです。

 

カミソリでの自己処理は便利な半面、黒ずみや肌荒れの原因となることをご存知でしょうか。

 

カミソリでムダ毛を剃る時、実は肌表面まで一緒に削ってしまっているんです。

 

こういった行為を長期にわたって続けることで、色素沈着やお肌の黒ずみ、毛穴がぶつぶつしたりという肌荒れの原因となってしまうんです。

 

色素沈着やお肌の黒ずみは、お肌が長期にわたってカミソリで刺激を受けているため、メラニン色素がお肌を守ろうと反応して起こってしまいます。

 

いくらムダ毛がなくなっても、お肌がキレイでなくなってしまっては意味がありませんよね。

 

カミソリでの黒ずみや肌あれを防ぐ方法は、こまめにカミソリの刃を交換したり、逆剃りをしない、脱毛後の保湿ケア、カミソリを使わず電気シェーバーを使用がおすすめです。

 

ムダ毛処理用のカミソリの刃をマメに交換している人は実は少ないもの。

 

しかもお風呂に入っているついでにムダ毛処理をする人が多いので、お風呂場にカミソリを置きっぱなしという人も多いんです。

 

お風呂にはカビや雑菌がたくさんいるので、カミソリの刃にもたくさん付着してしまいます。

 

そんな汚いカミソリを使ってムダ毛を処理すると、当然傷ついたお肌から雑菌やカビが入り込み肌あれを起こしてしまいますので、カミソリの刃はこまめに取り替えてあげる必要があります。

 

またムダ毛の逆剃りはお肌や毛穴を傷つけてしまうため、できるだけ避けるのがいいでしょう。

 

あまり深剃りはできませんが、毛の流れに沿って剃ったほうがお肌へのダメージは抑えられます。

 

そして脱毛後にしっかり保湿ケアをすることで、毛嚢炎や埋没毛、毛穴のぶつぶつを防ぐ効果がありますので徹底して行いましょう。

 

カミソリでの処理はどうしてもお肌を傷つけてしまうものですので、お肌をしっかりダメージから守るためには、カミソリよりも電気シェーバーを使用するのがベストです。