脱毛前後にアルコールを摂取すると肌トラブルが非常に起こりやすくなるので危険!

脱毛施術前後にアルコール摂取をしてはいけないことをご存知でしょうか。

 

例え少量であってもアルコール摂取は控えたほうが無難ですよ。

 

ですから、脱毛施術の予約が入っている前後に、お友達との飲み会の予定は入れないのがベストです。

 

参加してしまうと、ついついその場の雰囲気に流されて飲んでしまいますからね。

 

脱毛施術前後にアルコールを摂取してはいけないのにはちゃんと理由があります。

 

アルコールを摂取すると、血行が良くなり体温が上がります。

 

脱毛施術後に血行が良くなると、赤みやかゆみなどの肌トラブルが起こる恐れがあるからなんです。

 

脱毛施術前にアルコールを飲んでも、血行が良くなっている状態で脱毛施術を受けてしまうと、同じように赤みやかゆみなどの肌トラブルが起こる恐れがあります。

 

また血行が良くなっていると、お肌が敏感になっているので脱毛施術中に痛みを感じる可能性もあります。

 

もし脱毛施術前日にアルコールを摂取した場合は、お肌のことを考えると脱毛予約はキャンセルするのが無難です。

 

脱毛施術は毛周期に合わせて行うので、2〜3ヶ月に1回くらいの頻度ですよね。

 

2〜3ヶ月に数日お酒を控えれば良いだけですので、脱毛を成功させるために我慢しましょう。

 

どうしても外せない飲み会などの予定が入った場合は、すぐに脱毛予約をキャンセルしましょう。

 

当日キャンセルすると、キャンセル料は発生する場合がありますので、予定がわかった時点で早めにキャンセルしたほうが良いですよ。

 

アルコール摂取以外にも同じように、血行を良くするからやってはいけないのが入浴と運動です。

 

入浴禁止と言われると無理!という人もいるかもしれませんが、お風呂に浸かってはいけないだけでシャワーを浴びたり髪を洗ったり体を洗ったりするのは問題ありませんので安心してくださいね。

 

お風呂には雑菌がウヨウヨいますので、雑菌による肌トラブルの恐れもあります。

 

これらのことは脱毛サロンからきちんと注意がありますので、肌トラブルを起こさないためにきちんと守りましょうね。

 

確実、そして安全に脱毛がしたいなら、やはり脱毛施術前後はアルコール摂取を控えて、脱毛が完了したあとでお祝いの乾杯をしたほうが良さそうですよ。