誤った自己処理方法で出来る陥没毛の原因と対策まとめ

脱毛サロンでプロの方の脱毛を受けてみたいけれど、なんだか高額なイメージがあるし、執拗な勧誘等があるんじゃないの?などの理由で、なかなか行く勇気が出ずについつい自分で脱毛をしている、という女性は多いのではないでしょうか。

 

しかし、自己処理は自宅でできて費用もそれほどかかりませんので、とてもお手軽な反面きちんとした知識を持たないまま行ってしまいますと、様々なトラブルを招きかねません。

 

そのトラブルの1つに“埋没毛”があります。

 

埋没毛と言うのは、毛が皮膚の下に潜り込んでしまい、皮膚の表面に出てこれない状態で伸びてしまう状態のことを言います。

 

埋没毛が起こってしまう原因としては、たいてい毛を抜いたことが原因で起こります。

 

カミソリを用いた脱毛の場合ですと、直接皮膚に刃を当てて脱毛を行いますので、処理中にどうしても皮膚に小さな穴が開いてしまいます。

 

そして皮膚はその小さな穴を再生しようとしてかさぶたを作りますので、毛穴がふさがってしまい皮膚の中から毛が出てこれなくなってしまうのが原因となり、埋没毛ができてしまいます。

 

万が一埋没毛ができてしまいますと、針で外に出すしか方法がなく、逆に穴が広がってしまったり、そこから雑菌が侵入してしまい炎症を起こしてしまう可能性がありますので、決して安全とは言えません。

 

また、埋没毛がある状態で脱毛サロンに行きますと、施術を断られてしまうこともあります。

 

もしも埋没毛ができてしまった場合にはとにかく保湿をたくさん行いましょう。

 

保湿を行うことで古い角質層を取り除くことができますので、埋没毛の解消に繋がります。

 

その他の方法としては、脱毛方法を変えることです。

 

例えば、肌に負担の大きいカミソリや毛抜きの利用はやめて電気シェーバーにすることです。

 

電気シェーバーは肌に直接刃が当たるわけでもありませんし、毛を無理やり引っこ抜くこともありませんので、お肌への負担はとても少ないです。

 

ですがその際でも必ず保湿を忘れないようにしましょう。

 

どうしても、自己処理が心配な場合には脱毛サロンでプロにお任せすることをおすすめします。

 

脱毛サロンでの脱毛はもちろんきちんと教育を受けたスタッフが施術を行いますので、埋没毛のほか、様々なトラブルを回避することができますよ。