脱毛後に色素沈着が起きないための対処法

脱毛サロンで脱毛を受けたあとに肌トラブルが起こることは少なからずあります。

 

中でも多いのが、脱毛を受けて気分もよくなり上機嫌で過ごしていたのに、黒ずみができているのを発見してしまい、ネガティブな気持ちになってしまったという人の声をよく聞くことがあります。

 

ではこの色素沈着はなぜ起こってしまうのでしょうか。

 

脱毛サロンで主に用いられている光脱毛は、低出力でお肌に負担をかけないように長期間かけてゆっくり脱毛を行っていく方法ですが、全くお肌に影響がないかと言いますとそうではなく、脱毛後のお肌は光の影響で血行がよくなり熱を帯びとてもデリケートな状態になっています。

 

乾燥肌や敏感肌の人は特に、脱毛後にかゆみを感じてしまうことがあり、そのかゆみに耐えられず掻き毟ってしまうことが原因で色素沈着を起こしてしまうことがあります。

 

脱毛後のデリケートなお肌を掻き毟ることで更に刺激をしてしまいますので、黒ずみになってしまうんですね。

 

その他の原因としては脱毛後の日焼けが挙げられます。

 

脱毛後の日焼けに関してはどこのサロンでも必ず事前カウンセリング時に説明を受けるのですが、脱毛後のお肌は血行がよくなりとても熱を帯びた状態になっています。

 

その状態で更に紫外線を浴びてしまいますと、更に血行促進に繋がってしまい、炎症やかゆみ、やけどなどを巻き起こしてしまう可能性が高いのです。

 

そして紫外線を大量に浴びることでメラニン色素が生成されますので、脱毛後のデリケートなお肌に色素沈着が起こってしまうと言うわけなのです。

 

また、服の摩擦で肌が刺激されることでも色素沈着がおこってしまうことがありますので、気を付ける必要があります。

 

つまり、脱毛後の色素沈着を防ぐ為に気をつけなければいけない点は“かきむしらない”“日焼けをしない”“摩擦に気を付ける”ということなのです。

 

万が一脱毛後に色素沈着が起こってしまった場合には、大抵のサロンでは医療機関と提携を結んでいますから、早急にサロンに連絡をし、対処法を教えてもらうようにしましょう。