脱毛後に出来るニキビ『毛嚢炎』について

ムダ毛の処理は身だしなみの1つと考える女性が大半である現代では、脱毛を念入りに行っている方がほとんどです。

 

今までは自分で処理を行っていた人でも、頻繁な処理に煩わしさを感じ、脱毛サロンで施術を受ける人が年々増加しています。

 

しかし、初めての脱毛サロン通いは期待も大きいですが、その反面わからないことだらけで不安もたくさんあることでしょう。

 

脱毛サロンで用いられている光脱毛は、お肌に負担がかからないように低出力で長期間かけて脱毛を行っていきますので、痛みも少ないですしトラブルになる可能性も低いのですが、自己処理の際やサロンで脱毛を行った場合でもどうしても肌トラブルが起こってしまう場合があります。

 

そこで今回は、ムダ毛処理後にニキビのようにぽつぽつと現れることがある出来物について述べていきたいと思います。

 

この脱毛後に表れる赤い出来物は“毛嚢炎”と呼ばれる皮膚病の一種で、脱毛後のお肌はどうしても少なからずデリケートな状態になっていますから、脱毛後の傷ついた毛穴に雑菌が侵入してしまうことが原因で発症します。

 

一見見た目はニキビや虫刺されのようですので、勘違いしやすいのですが、ニキビよりも小さく一か所に固まらず分布してできるのが特徴です。

 

また、かゆみは軽度の場合が多いのですが、うみがたまっていても押してもつぶすことができず中の膿がでてこないのがニキビとの大きな違いです。

 

症状が軽度の場合は自然治癒で治るのですが、症状が重い場合には通院が必要となり塗り薬や抗生物質が処方されることになります。

 

毛嚢炎が起こる原因としては、毛抜きやワックスなど無理やり毛を引っこ抜くことが原因で起こることが多いのですが、稀に脱毛サロンで光脱毛を受けた際に皮膚の弱い人は特に肌への強いダメージを受け、毛嚢炎が起こってしまうことがあります。

 

そのよようなことにならない為には日ごろから予防を怠らないようにしなければならず、抗菌効果のある石鹸などで体を洗ったり、汗をかいたまま放置せずにすぐ着替えるなど、常に肌状態をキレイに保っておくことが大切です。