アトピー持ちの方で脱毛する場合は事前に医師やサロン側に相談しておこう

ムダ毛の自己処理に煩わしさを感じた場合、脱毛サロンでプロの方にお任せしようかなと考える女性が多いのではないでしょうか。

 

しかし、アトピー肌の方にとって初めての脱毛サロンは不安だらけでしょうから、脱毛を受けることが原因でアトピーが悪化してしまうのではないか、そもそも脱毛自体を断られてしまうのではないかと心配事ばかりが募ってしまって、なかなか契約に踏み切れないと言う人もおられるでしょう。

 

ですが、サロン通いに躊躇し、自己処理を続けていますと炎症やカミソリ負け、湿疹など様々なトラブルを招きかねません。

 

肌トラブルが起こってしまい通院をするようなことになれば、キレイなお肌を手に入れるどころかかえって肌を傷つけてしまいますので、自分の中でサロン通いを諦めてしまうのではなく、脱毛サロンに問い合わせをしてみるようにしましょう。

 

基本的に、アトピーや敏感肌の方でも施術ができないということはなく、脱毛前に行われる照射テストの際に問題がなければ、脱毛を受けることが可能です。

 

ですから、照射テスト時に肌に変化が現れてしまったり、日常的に薬をかかせないほどのひどいアトピーの場合ですと、施術を断れてしまう可能性もあります。

 

脱毛サロンで用いられている光脱毛は、お肌に負担をかけないように低出力で長期間かけてゆっくり脱毛をしていきますので、美容クリニックのレーザー脱毛や針脱毛と比べますと痛みも少なく、トラブルにもなりにくいのですが、アトピー肌の方は常にお肌が乾燥した状態ですので、通常の肌状態よりも光に過敏に反応してしまうかもしれません。

 

それらのリスクを理解した上で、脱毛を希望する場合にはかかりつけの医師にきちんと相談をし、許可を得ましょう。

 

サロンの中にはアトピーの方に細心の注意を払ってくれるところもあり、“ディオーネ”では、ステロイド剤を使用している場合でも、医師の許可があれば脱毛可としています。

 

ですから、同じようにアトピー肌でお悩みの方が多く通われていますので、安心して脱毛を受けることができますね。

 

もしも、脱毛中に何らかのトラブルが起こってしまった場合でも、大抵のサロンでは医療機関と提携していますので、病院を紹介してもらえたり紹介状を書いてもらえるなど、適切な対処をしてくださいますので、諦めてしまう前に医師とサロンに相談をしましょうね。